基板

撥水と防水作用は衣類や靴で使い分けよう

撥水性と防水性は同じようなものと考えていませんか?現象という点では水を通さないということは同じであるものの、撥水と防水では作用が異なります。そのため衣類や靴、バックや小物類など撥水加工が最適か、防水加工が最適か見極める必要であります。誤った選択は製品にダメージを与える可能性もあります。撥水は表面で水をはじき内部への浸透などを防ぐ作用になります。布製品などの場合、水をはじいて浸透しないようにして、繊維の隙間を塞がないため通気性を確保することができます。衣類などの撥水には最適であり、内部に水蒸気がこもり蒸れることを防止できます。一方で防水は水を浸透させない作用であり、布製品などの場合繊維の隙間を防いでしまいます。撥水剤の場合、表面へ撥水被膜を形成するものの、防水剤の場合は樹脂などにより表面を覆ってしまいます。そのため、内部にこもった水蒸気が通気しないため蒸れるといった問題が発生します。布製品や革製品の場合、通気性が重要になるため撥水加工が最適になります。一方、長靴やリュックサックなど水分を浸透させなくないものには防水加工が最適です。また、撥水加工の場合、表面で水がはじかれることにより払うだけで水分を除去できます。また、長時間濡れたままにならないというメリットもあります。

撥水コーティングで電子部品の水没や湿気による故障リスクが低減

撥水加工を施すことで、電子機器が水没や湿気などにより故障するリスクを軽減できます。また、機械油を使用する環境で空気中に油分があるという場合、撥油効果により基板への油分の固着も抑制することができます。フッ素コーティング系の撥水剤は撥水性と撥油性に優れており、電子部品への表面コーティングとしても幅広く使用されています。撥水加工することで、電子部品や基盤に水滴が付着し滞留することが抑制できます。結果、水分によるショート防止だけでなく、水分の停滞により接点部分が錆びることも抑制できます。また、基盤表面にエアーを吹き付けることで水分が飛びやすくもなります。同様に撥油性により油が固着することを抑制でき、ふき取りも容易になります。油が固着し、空気中のホコリや異物などを巻き込みショートすることも防げます。フッ素コーティング系の撥水剤は水溶性のものも多く、既存の電子部品や基盤に塗布することができます。また撥水性や撥油性の効果は完全乾燥後に発揮し始めるため、加熱によるコーティングの安定化も不要です。そのため、温度耐性の低い電子部品へ安心して使用することができます。また、表面に薄い被膜層が形成され、繰り返し塗布しても樹脂コーティングのように厚みが増すという問題もありません。定期的な塗布もでき、電気設備や電気機器にも現場での使用も容易です。

革製品やおしゃれな衣類の撥水にはフッ素コーティングを選ぼう

革製品やおしゃれな衣類を水濡れから守りたいと考えたことがあるのではないでしょうか。そのため、防水加工を行おうとしていませんか?革製品やおしゃれな衣類、高価なものには防水加工は適していないので、撥水加工がおすすめです。特に撥水加工を行うのであればフッ素コーティング系の撥水剤がおすすめです。革製品や衣類は通気性も必要不可欠であり、通気性が失われることで着心地が悪くなったり、痛んだりする原因にもなります。防水加工は水を通さないだけでなく、通気性も失われてしまいます。また樹脂材料やシリコーンなどの油も含まれ、革製品の場合はシミの原因にもなります。しかし、フッ素コーティング系の撥水剤はフッ素化合物が塗布された表面で被膜層を形成します。化学的な被膜層となり、油のように革製品に浸透することもありません。同様に衣類の場合は通気性が失われないだけでなく、繊維表面に被膜層が形成されるため、洗濯の際には皮脂や汗などの汚れも落ちやすくなります。フッ素コーティング系の撥水剤はクリーニング店でも撥水加工に用いられており、衣類にも安心して使用ができます。また、効果が弱くなった際には重ねての塗布もでき、樹脂系のコーティング剤のように厚塗りになることもありません。そのほかも、衣類のゴワツキにならず、革製品ならシワや細かい傷の隅々まで入り込み水の浸透を防いでくれます。

撥水加工された布

革製品のメンテナンスにフッ素コーティングの撥水性を活用しよう

革製品は使用するほど柔らかくなる上、使用感も良い味になります。しかし、新品時には表面もツルツルとし水や汚れも弾いていても、使用感が出るほど水の浸透もし易くなります。そんな革製品のメンテナンスにはフッ素コーティング系の撥水剤がおすすめです。防水スプレーによる防水加工とは異なり、撥水加工はシミ汚れを生じさせたり、通気性が失われるというようなことがありません。フッ素コーティング系の撥水剤は、樹脂被膜を形成するのではなく、フッ素化合物により化学的な被膜を表面に形成します。そのため、革製品に使用しても表面がざらついたり、革内部に樹脂が入り込んだりすることがありません。さらに使用感の出た革製品におけるシワの隅々まで撥水性のある保護被膜を形成することができます。そのため、撥水加工を行ったものの、シワ…

水の侵入を防いで弾いてくれる撥水加工の効果と特徴

さまざまな製品で施されていることの多い撥水加工ですが、この撥水加工にはどのような効果があるのでしょうか。その特徴についてあまり知らないという人は、思いのほか多いはずです。ではどんな効果や特徴があるのかを簡単に見ていきましょう。撥水加工の効果は、当たり前ですが撥水しやすくなることです。撥水とは水を弾くことを一般的に指しますが、その撥水によって水が中に入ってしまうのを防ぐことができます。つまり水の侵入を許さないのが撥水加工の具体的な効果です。撥水加工されたものの上に水を落とした場合、その水が弾かれるのがその特徴です。もしも撥水加工されていなかったら、落とした水が染み込んで中に侵入してしまう恐れがあります。これが撥水加工されているものとされていないものの違いです。例えば、レインコートがわかり…

電子部品の撥水あるいは撥油に最適なコーティング剤による加工

電子部品の撥水あるいは撥油に最適とされているのが、撥水性の高いコーティング剤です。電子部品は非常に繊細な側面があり、少しのことで動作不良を起こす恐れがあります。とても繊細にできていますので、電子部品はしっかりと防水対策をしてあげなければいけません。その対策の1つが撥水性の高いコーティング剤を使うことです。コーティング剤を使うことによる撥水加工を十分に期待することができます。電子部品から水や油は遠ざけなければいけませんが、そのために活躍するのが撥水性の高いコーティング剤です。もしもこのコーティング剤を使っていなかったら、電子部品が水や油の影響を受けて動作不良を起こしてしまうかもしれません。それでは電子部品がきちんと機能しませんので、そうならないように手を打っておく必要があります。その内の…

撥水加工がされている様々な製品について

撥水加工というのは製品や素材の表面加工技術の一つであり、特に水を弾くことで製品のクオリティを向上できる場合や利便性を増す場合、耐久性を改善できる場合などに活用されています。撥水性を持つことで製品クオリティが向上する製品の典型的な例として、各種の皮革製品が挙げられます。皮革製品のクオリティは水分の存在によって変色したりかびたりすることで著しく低下してしまいます。そこで、生地の皮革に加工を施し、撥水性という新しい特性を付与することで、品質劣化を効果的に防ぐことができるのです。レザー製品の耐久性も撥水性を付与することで改善できます。また、撥水加工によって利便性を増す製品としては、各種衣類やアウトドアアイテムが考えられます。雨や雪の日の外出では、着ているものが濡れると着用感が悪いだけではなく、…